この先は、弊社医療用製品や医療に関する情報を、
医療関係者へ提供することを目的としております。
一般のお客様への情報提供目的ではありません。

あなたは医療関係者ですか?
ご職業:
お勤め先:
はい いいえ

プライバシーポリシー

Q&A

初めてこのショッピングサイトをご利用になる方へ、よくある質問をまとめてあります。ご不明な点がございましたら、まずはこちらをご覧ください。

【販売に関するQ&A】

Q.領収書の発行はできますか?
A.ご記載頂きました医療機関名のみ簡易領収書として発行を承っております。文字数は全角25文字以内となります。
発送時、納品書とともにお送りさせていただきます。
Q.簡易領収書と領収書の違いは何ですか?
A.クレジットカード決済の為、簡易領収書となります。
領収内容を証明する点では、従来の領収書と変わりませんが、印紙課税の対象にはなりませんので印紙貼付はございません。
また、クレジットカード会社のご利用明細書が領収書としてご利用いただけます。
Q.簡易領収書の発行単位を教えてください。
A.簡易領収書の発行単位は、1回のご注文につき1枚発行いたします。
発行は注文番号単位です。
1つの注文番号で複数の商品を購入された場合は、1枚にまとめて発行いたします。
発送が分かれる場合(注文番号が別の場合)簡易領収書は分かれて発行されます。
1つの商品の代金を任意の金額に分割した簡易領収書は発行できません。
Q.簡易領収書の再発行はできますか?
A.簡易領収書の再発行は致しかねます。あらかじめご了承ください。
Q.簡易領収書の但し書きはどうなりますか?
A.「カシオ医療機器一式代として」と記載されます。
Q.クレジットカード以外の決済方法はありますか?
A.クレジットカード払い以外に『請求書払い(振込による後払い)』をご選択いただくことも可能です。

【カメラに関するQ&A】

Q.推奨のSDカードはありますか?
A.SD 規格に準拠したメモリーカードに対応しており、規格上の容量は以下の通りです。
・SD メモリーカード(2GB以下)
・SDHC メモリーカード(2GB超~32GB以下)
・SDXC メモリーカード(32GB超~2TB以下)
当社で動作確認が取れているメモリーカードはSanDisk Corporation製となります。
上記のメモリーカードであっても容量をはじめ、すべてのカードで動作を保証するものではありません。
Q.撮影した画像ファイルの取り出し方法を教えてください。
A.SDメモリーカードまたはUSBケーブルを使って、撮影した画像ファイルをパソコンに転送する事ができます。
Q.電子カルテとの連携は可能ですか?
A.電子カルテと直接データの連携をすることはできませんが、DCF準拠のJPEG画像としてPCに保存することができますので、保存した画像を電子カルテの方から読み込むことが可能かと思います。
D'z IMAGE Viewerに取り込んだ画像を、JPEG画像としてPCの任意のフォルダに出力することもできます。
電子カルテから画像を読み込む機能については電子カルテのメーカーにお問い合わせ願います。
Q.ジェルは使えますか?
A.ジェルを使用して撮影することができます。撮影後はジェルをきれいにふき取ってください。
また、ジェルを使用しなくても偏光フィルターで真皮浅層まで観察・撮影することができます。
Q.頭部の毛の中にできた病変を撮影することができますか?
A.病変が見えるようになるべく毛をかき分けて、ジェルを使用して先端のガラスを病変にぴったり当てるときれいに撮影することができます。但し、病変が潰れるほど強く押し当てないでください。
Q.このカメラは何倍で撮影できますか?
A.接写(DERMO)撮影した場合、カメラの液晶モニタに表示される病変は、実サイズとの比率で約4.8倍の大きさで見えます。
デジタルズームで最大8倍まで拡大できるので、実サイズの約38倍まで拡大できます。
PCに取り込んでPCのモニタ上で見た場合、倍率はモニタの大きさと解像度によります。
2000万画素(5184×3888)で撮影していますので、大きなモニタでもきれいな画像を見ることができます。
Q.医療機器の認証は取っていますか?(医療機器名は?)
A.一般医療機器(クラスⅠ)の届出済みです。(可搬型手術用顕微鏡です)
Q.アルコールで拭けますか?
A.はい、使用後は先端部分をアルコール等しみこませた脱脂綿等で拭いて、清潔に保ってください。
Q.このカメラで保険点数(診療報酬)は取れますか?
A.申し訳ありませんが、弊社からは回答しかねます。厚生労働省所轄窓口へお問い合わせください。
Q.製品を試しに使ってみたいのですが、貸し出しは可能でしょうか?
A.試用することを目的として製品を貸し出しすることができます。
試用機貸出の申し込みからお申し込みください。

【スコープに関するQ&A】

Q.ダーモスコープとコンバージョンレンズの表面に、水滴が付きます(結露する)
A.ダーモスコープからコンバージョンレンズを取り外し、電源を切った状態でしばらくお待ちください。
数十秒ほどで結露が解消されます。
数十秒経っても結露が解消されない場合には機能・操作・購入に関するお問合せ先にご連絡ください。
観察終了後は、ダーモスコープからコンバージョンレンズを取り外して保管をお願い致します。

機能・操作・購入に関するお問合せ先はこちら
Q.何倍で観察できますか?
A.観察対象を6倍に拡大することが可能です。
別売のコンバージョンレンズを取り付けることで、9倍に拡大できます。

ダーモスコープ、別売コンバージョンレンズのご購入はこちら
Q.医療機器の認証は取っていますか?(医療機器名は?)
A.一般医療機器(クラスⅠ)の届出済みです。(可搬型手術用顕微鏡です)
Q.このスコープで保険点数(診療報酬)は取れますか?
A.申し訳ありませんが、弊社からは回答しかねます。厚生労働省所轄窓口へお問い合わせください。
Q.製品を試しに使ってみたいのですが、貸し出しは可能でしょうか?
A.試用することを目的として製品を貸し出しすることができます。
試用機貸出の申し込みからお申し込みください。
Q.コンバージョンレンズを装着すると見づらくなることがありますが、故障ですか?
A.コンバージョンレンズの装着前と装着後では、観察対象の見える位置が異なります。
装着後はダーモスコープに目を近づけると見やすくなります。故障ではございません。

ダーモスコープの使い方を紹介した動画はこちら

【D'z IMAGE Viewer(画像管理ソフト)に関するQ&A】

Q.PCの保存先のフォルダを指定することはできますか?
A.D'z IMAGE Viewer(Ver1.0.0.2)より保存先変更に対応致しました。
Q.外付けハードディスクなどに自動で保存することはできますか?
A.D'z IMAGE Viewer(Ver1.0.0.2)より保存先変更に対応致しました。
Q.患者情報一括登録機能を使用する際にエラーとなってしまいます。
A.CSVファイルの文字コードをUTF-8で保存して読み込むことをお試しください。

また、CSVのデータフォーマットは以下の通りですが、これ以外の情報は含めないでください。
<CSVのデータフォーマット>
患者ID,姓,名,姓(カナ),名(カナ),性別,生年月日,備考

最後の『備考』がない場合でも、生年月日の後ろに『,』(カンマ)を必ずつけて、1データごとのカンマが7つとなるようにしてください。
Q.動作環境を教えてください。
A.動作環境は、以下のリンク先よりご確認できます。
D'z IMAGE Viewer(画像管理ソフト)の動作環境はこちら
Q.ダーモカメラと無線接続できません。
A.ダーモカメラとの無線接続方法は、APモードとSTATIONモードがあります。
〇APモードで接続される場合

PCのネットワークの一覧(SSID)より、ダーモカメラのSSIDを選択してください。
SSID:DZ-D100
パスワード:00000000
※上記のSSIDとパスワードは初期設定時の内容です。
 SSIDとパスワードはダーモカメラの設定で変更できます。

〇STATIONモードで接続される場合

ダーモカメラの設定で接続するルーターのSSIDを選択してください。

  • Windowsのデスクトップ画面の「スタート①」から「設定②」をクリックしてください。
    ダーモカメラDZ-D100 STATIONモード
  • 「ネットワークとインターネット③」をクリックしてください。
    ダーモカメラDZ-D100 STATIONモード
  • 「Wi-Fi ④」をクリックし、Wi-Fi設定がオンになっていることを確認してください。
  • 「利用できるネットワークの表示⑤」をクリックしてください。
    ダーモカメラDZ-D100 STATIONモード
  • 「SSID ⑥」を選択してください。
    APモードの場合(図のSSIDは初期設定時の名称)
    ダーモカメラDZ-D100 STATIONモード
    STATIONモードの場合
    ダーモカメラDZ-D100 STATIONモード

【オプションに関するQ&A】

Q.顕微鏡アダプタで撮影中に黒い影が写り込んでしまうことがありますが、故障ですか?
A.顕微鏡の画像を撮影中に、画面の端に黒い影がみられることがあります。
これは顕微鏡側の接眼鏡筒部と顕微鏡アダプタの挿し込み部の直径に差(遊び)があり、カメラの重さで傾くために生じます。
 ※顕微鏡の機種により個体差があります。
故障ではございませんので、以下ような撮影方法によりこの事象は改善いたします。

顕微鏡の画像撮影時にはカメラに左手を添えて、接眼鏡筒部と顕微鏡アダプタの挿し込み部がまっすぐになるように支えながら撮影をしてください。

また、接眼レンズを固定するネジがある場合はネジをしめて顕微鏡アダプタを固定してください。